5/21 神明総長の講話

21日は、朝9時より神明総長をお迎えして
講話をして頂きました。

私は神明先生とほぼ同時期に渡米しましたので
神明先生とのお付き合いは45年になります。
この間統一神学大学院で3年間神学を教えて頂きました。
しかし、この二世研修会の講師になって頂いて、
お話をお聞きするまでは、どれほど偉大な先生か知りませんでした。

神明先生の証は、家庭連合の月刊誌にも載せられていますので、
お読みになられた方もおられると
思いますが、神明先生が小学生の時より真理を求められたお姿勢には感嘆させられます。

幼年期より神童の誉れ高く、中学生の共通試験で福井県第一位の成績を収められたり、独学でほぼ全ての楽器を弾ける様になられたりと、才能豊かに育たれました。

真理を探求するために東大へ進まれて原理に出会い、
今まで探し求めていた真理が見つかったと、東大を中退して献身されました。
 

この様に小学生と時より真理を求めて彷徨した証、
献身前後の聖霊体験、ブラジルでお父様と
単独で過ごされた
10日間の証など、初めてお聞きする証が多くありました。
 

数百人の方に聞いて頂きたいと思う様な素晴しい内容を、
5人の研修生に全力で投入して下さいましたので、研修生たちは
神明先生の講義から多くのものを学ぶ機会に恵まれました。
~澤田~

コメントを残す