教会長の挨拶及び自己紹介

李承鉉教会長

李承鉉教会長

四日市家庭教会のホームページに訪ねて下さいまして心から感謝申し上げます。

誰もが、夢は叶いたい、未来は明るく、いつも幸福が末永く訪れることを願われています。

この世では純粋で美しく、お互いを尊敬し、為に生きなさいと言われた神様の理想がありました。

神様の願いである3大祝福(聖書の創世記1章28節)と創造理想である3代が共に暮らす家庭成就、人種・文化・国境を越えて全人類一家族の平和の世界を目指して、家庭連合の信徒たちは内外ともに一生懸命に歩んでいます。

2015年9月より当宗教法人の名称も変更されて、家庭連合として神様の願いを実現するため、更に邁進致します。

人間は、喜びをもって生まれ(第1段階の人生)、志をもって頑張って生きられ(第2段階の人生)、死亡後の第3番目の人生である永生の道を生きるようになっています。神様はいつもこの3段階の人生を歩まれる我々人間に対して親(父母)の立場で存在し、共にいらっしゃいます。

我々の人生は長くはありません。神様に出会い、真の父母様の教えを通して最高の人生を歩んでくださいませ。

当教会との因縁を結んだ方々はいつも幸せで、楽しく喜びあふれるラッキー(楽喜)な人生を通して、天運とともに歩んでいくでしょう。アージュ。

略歴

  • 1983年4月に入会
  • 韓国の朝鮮大及び鮮文大の神学専門大学院卒業
  • 韓国で1991年より7年間牧会者活動
  • その以後日本で神奈川、奈良、京都、愛媛、愛知県で宣教牧会者活動
  • 家族は日本人の妻(3万双国際祝福結婚)と4人の息子

コメントを残す