2016年1月16日 第55回心の書写の集い

2016年1月16日(日」四日市市文化会館にて約100名が集い、第55回を記念して本部より方相逸伝道教育局長をお迎えして心の書写の集いが開催されました。

 今月の書写は「福の中で最も貴い福は、神の愛」です。

結婚は、私のためではなく相手のためにするものです。結婚するとき、立派な人やきれいな人ばかりを追い求めるのは間違った考えです。人間は、人のために生きなければなりません。結婚するときも、その原則を忘れてはいけません。いくら愚かな人でも、美人よりもっと愛そうという心で結婚しなければなりません。福の中で最も貴い福は神の愛です。結婚は、その福を受けて実践することです。その貴い御旨(みむね)を理解して、真(まこと)の愛の中で結婚生活をし、真の家庭を築かなければなりません。

世界平和とは、その言葉どおりに雄大なものではありません。家庭が平和であってこそ社会が平和になり、国家間の葛藤が消え、それがあってこそ世界平和への道が開かれます。ですから、完全な家庭こそが重要であり、家庭の責任はそのくらい大きいのです。

「私さえ幸せに暮らせばよい、私の家庭さえ守ればよい」という言葉は、私の辞書にはありません。」(自叙伝228~229ページ)

 

~自叙伝書写喜びの証し~

◆ 夫の心が解放され 息子も   西大阪 吹田家庭教会 72歳 婦人 A.Yさん

昨年夏から人に勧められ、夫婦で書写を始めました。病気がちな主人の健康を願い、定年退職後あまり楽しみもなく、家にいる主人に書写会をして楽しませてあげたいとの思いもあって、9月、我が家に人をお招きし、書写会をしました。1回目はぎこちなかったけれども、主人は全体祈祷の祈りの輪にも入り、茶話会にも加わってくれました。主人が楽しんでいる様子が嬉しくて、2回目、3回目と書写会ができるのを夫婦で楽しみに待つようになりました。そして迎えた4回目、それまでは祭壇らしい祭壇は築けてなく、真の父母様のお写真も人からの借り物でしたが、これではいけないと、家庭用に祭壇を準備して書写会をしました。

すると不思議な事に主人が、「真の父母様のお写真から後光が差している。あの写真のお方は一体どういうお方か。本当にありがたい。ありがたい」と繰り返し、涙を流して泣き始めたのです。

両親を見送った時も、親戚や誰かを見送った時も、涙一つ見せた事のなかった主人でしたが、今人前であるにもかかわらず、「ありがたい。ありがたい」と言ってボロボロと泣いている姿に、私はただ驚くばかりでした。 気難しい主人ですが、主人は確かに心がきれいで、純粋なところがあります。その部分をまざまざと見る事が出来ました。とても苦労の多い結婚生活でしたが、主人のこの純粋さの一点があって、信じる事ができ、夫婦二人ここまで頑張って来られた事に感謝しました。

その事があってから、真の父母様のみ言の素晴らしさに、良心に導かれて夫婦二人一日一日を過ごせる感謝の思いを、同居している息子にも伝えました。すると息子も素直に、書写を始めてくれました。「私は今正しく生きているか」から書き始めて、「陰のない人生を生きる」と続けているうちに、息子がずいぶん落ち着いて来たなと感じています。今までは自由奔放に、やりたい事をやって結婚が遅れてしまった息子ですが、結婚して幸せになる事を願い、これからも家族で書写を続けていきます。

160116-103939 160116-105147 160116-110517 160116-110621 160116-111442 160116-112233 160116-112312 160116-114548 160116-114954 160116-115112 160116-115132 160116-115219 160116-115806 160116-115843 160116-115922 160116-120040 160116-121859 160116-122011

 

 

コメントを残す